時間のないあなたに贈るフリーリグのすゝめ

釣りの話

ここ数年、「フリーリグ」という聞き慣れないフレーズのリグが琵琶湖を中心に流行の兆しを見せています。フリーリグとはなんぞ?とお思いのあなた!ヘビキャロが苦手、テキサスでいいやん!と思ってるあなた!このリグ、使いこなせれば琵琶湖だけでなく野池や入鹿池でも有効かも…。
というわけで今回はフリーリグのすゝめ。動画も含め深掘りしてみました!

フリーリグとは何?ヘビキャロとどう違うの?

フリーリグとは何か?先ずここから解説していきます。

単純に表現すると、ヘビキャロのシンカーが自由に動くキャロライナリグとなります。
シンカーがフリーで動くので、キャロライナリグのようにリーダーを取ってリグを作る必要がなく、セッティングはシンカーを通すだけと非常に簡単です。

キャスト時は余計なリーダーがないためシンカーの重さのみで投げている感覚、飛距離も慣れが必要なキャロライナリグに比べて投げやすく、多少軽くても十分な飛距離が稼げます。

水中ではシンカーが重たいのでラインを伝って先に沈みます。そのためシンカー以降はノーシンカー状態になり、ピーカンベタ凪などスローな展開でしか反応しない時は特に有効なリグです。

フリーリグが有効なシュチュエーションは?

ポストスポーニングシーズン、特に産卵直後でネストから離れたばかりのメスをどう釣るか?ジグヘッドの中層スイムもまだ早い、トップにできる程体力も回復してないなんて時期に有効なリグです。

以前の筆者なら「キャロライナリグ大会」なんて比喩していましたが、キャロが悪いわけでなく、このシュチュエーションに決定的なリグがないと思うところからの発想なので、悪気はないんです。

ただしこのシュチュエーションの時期は本当に様々な状態の魚がいますので、選んで釣れる事は殆どないと思ってください。

フリーリグのアクションの付け方は?

フリーリグのアクションはキャロライナリグのそれと同じです。ただしリーダーが無い、シンカーがフリーなので、「跳ねさせる事」が第一です。また、ズルズルとただ底を引いてくるのもいいですね。

動画によると跳ねさせ過ぎは厳禁で、あまりにやりすぎると魚に違和感を与えてしまいます。適度に跳ねさせる事、またここぞという所で跳ねさせるといいでしょう。

まとめ

※画層引用:釣りプラス

フリーリグとは?実は筆者も聞き慣れないリグでした。あまりに馴染みがないというかメディアに上がってこないといいますか。

このリグを知ったきっかけはYouTube。藤波プロの動画だったように思えます。また、現在試しているワームがZoomのブラッシュホッグとバークレーのパワーホグ5in。リグの解説をと行きたいところですが、そこはまた次回にでも!筆者が使っているシンカーは5/8ozを基準にしています、参考までに!

こちらのリグ、まだ始めたばかりなので、何が正解なのかイマイチ掴みきれてません。
そのため調査や実釣の報告は後日、必ず報告いたします。
それでは皆さん、良い釣りを!

 

コメント